2021/05/11 17:58

こんにちは、ハートニクスのスタッフです。「天のオイル 結音(むすひね)」と「地のオイル 和音(にぎみね)」を使っているのですが、その感想をお話ししたいと思います。(なお、体感には個人差が大きいと思いますので、あくまでもご参考の一つとしてお読みください!)


「天と地のオイル」との出会い

オイルを初めて手にとったときの感想ですが、「地のオイル 和音(にぎみね)」は神社に行ったときのようなスーッとした感覚がしました。


そして「天のオイル 結音(むすひね)」は、なにかキーンとした空気のようなものをわずかに感じました。

(*手に持ってどちらのオイルにどんな感覚を持つのかは個人差があるようです。)

使いはじめ

使い始めてから2週間くらい、夢をたくさん見ました。普段滅多に夢を見ないのでとても珍しいことでした。

不思議な夢が多かった気がします。夢に詳しければ、なにかメッセージを読み解けるのかもしれませんが、あいにくそのような知識がありません。そのままにしていたら、やがて夢を見る頻度が減っていきました。


ちなみに、オイルをつけて「ふわふわする」といった感想を持つ方がいらっしゃるのですが、この感覚は、飛行機が離陸するときに少しガタガタと揺れるのと同じで、しばらくすると安定するそうです。ご心配なく。ただし、ふわふわして足元が不安な場合は、どうかお怪我をなさらないようご注意くださいね。そのような場合は、最初は寝る前や家の中のみで使うなど少しずつ慣らしていただくのをおすすめします。

使い方

天と地のオイルの基本の使い方は、

夜は天のオイルのみ、朝は天のオイルと地のオイルを1滴ずつ混ぜて、首の後ろにある「盆の窪」につける方法です。

手のひらで天と地のオイルを1滴ずつのせて混ぜてから、塗るの? 

順番にぬるの?

盆の窪にピンポイントにつけなきゃいけないの?

みなさん、色々とご質問をいただくのですが、どうかご心配なさらないでください。

基本の使い方、というのはあっても、「こうしなくてはいけない」という決め事はありません。どうぞ、直感の赴くまま、自由に、クリエイティブにオイルの波動を楽しんでくださいね。

私は、大事な打ち合わせの前などにも天と地のオイルをつけることもあります。


そのほか、地のオイルを名刺の縁(ふち)につけたり、天のオイルをスマートフォンの裏につけるなど、人によっていろんな使い方をされています。

オイル自体は無臭でサラサラのスクワランオイル100%です。広い場所に塗ってマッサージしたいという場合は、他のキャリアオイルなどで薄めてもOKです。

オイルによる変化について

オイルを使い始めてから、いろいろ変化してきているような気がしています。

まず、自分自身を出すことにあまり不安を感じることがなくなってきました。

子供の頃から何重にも自分に被せてしまった「殻」が自然に取れてきているような気がします。

また、「今までの人生で何か間違ってきたからだろうか?」と何度も振り返る癖があり、自分でも無駄なのはわかっているけれどやめられなかったのです。しかし最近になって「この状態でもべつによいのだ」と思えるようになってきました。開き直りや自己暗示ではなく、心の深いところから思えるようになってきたのです。

そのほか、人と会う前にオイルを使うと、ふとひらめいたことを口に出してそこから話が発展したり、今までにないような深い話題に繋がっていくことも増えてきたような。

総じて、オイルに助けられて、この数ヶ月で、自分の心の有りようが少しずつ変わってきて、その結果、自分の周りの世界が少しずつ変わってきている気がします。

もうしばらく、自分の心を磨いていくためにオイルを使わせていただこうと思っております。

***

オイルをきっかけに次のステージに向かわれる方が、お一人でも増えるといいな、と、そんな気持ちでこの体験談を書かせていただきました。

読んでいただき本当にありがとうございました。


++++

ハートニクスブログに掲載された記事を一部編集し、転載いたしました。